マッシュメモとは >

【イベントレポート】クリエイターが知っておくべき著作権のこと

イベントレポート〜クリエイターが知っておくべき著作権のこと〜

 

マッシュ

こんにちは!著作権について勉強中の@mush_designer です。

 

この記事はこんな人におすすめ!
  • クリエイターが知っておくべき著作権について知りたい人
  • 著作権の種類が知りたい人

 

今回はクリエイターが知っておきべき著作権についてまとめました。

著作権はデザイン業務をするにあたり、密接に関わってきます。

しかし、難しい言葉ばかりで理解するのが厳しく、弁護士さんもくる著作権の勉強会に参加。

そこで教えて頂いたものを分かりやすくまとめましたので、ご覧下さい。

著作権とは

著作権とは

著作者に対して法律によって与えられる権利のことです。

ちなみに自分の考えや気持ちを作品として表現したもの著作物といいます。

なにが著作物なの?

著作物か判断する際は下記を判断基準にします。

  • 思想や感情が現れているか
  • 表現者の個性が発揮されているか
  • 表現したものか

 

クリエイター業界でいうと、デザインやイラスト、漫画、書、コンピュータープログラム、写真などは著作物になります。

 

著作物とは(1)思想または感情を(2)創作的に(3)表現したものであって(4)文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの」

著作権法2条

著作物にあたらないもの

  • アイディア
  • ありふれた短い文章や題名など※明確な基準はなし
  • レシピ※事実で表現ではない→本は著作物
  • ハローページ※決まったデータを並べただけ→タウンページは著作物※職業別に並べている

著作物とアイディアの違いは?

具体的に表現されたものは著作権で保護されますが、それまでの過程は保護されません

レイアウトやコンセプトなどの模倣はOKということですね。

ちなみにアイディアやコンセプトを守りたい場合は秘密保持契約を結ぶ方法があります。

著作権は誰のもの?

著作権は誰のもの?

共同著作物

共同著作物とは2人以上で一緒に制作したものです。

例えば、マンガで原作者と作画で分かれている場合など。

 

2人以上の者が共同して創作した著作物であって、その各人の寄与を分離して個別的に利用することができないものをいう

著作権法第2条1項12号

ポイント

  • 著作者全員の合意がなければ、公表することや変更を加えることはできない
  • 共有者を代表して権利を決定する人を決めておくことができる

2次著作物

2次著作物とはある著作物を翻訳、編曲、変形、脚色、映画化などしてできた新たな著作物のことです。

 

二次的著作物は「著作物を翻訳し,編曲し,若しくは変形し,又は脚色し,映画化し,その他翻案することにより創作した著作物をいう」

著作権法2条1項11号

 

ポイント

  • 利用するには原作者の許諾が必要
  • 二次的著作物を第3者が利用する場合は原作者と二次的創作の著作者から許諾を得なくてはいけない

職務著作物

職務著作物とは会社で制作したものは著作物のことです。※以下の条件を満たした場合

 

  1. 著作物の作成が法人等の発意に基づくこと
  2. 法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物であること
  3. その法人等の職務上創作した著作物であること
  4. その法人等の著作名義で公表された著作物であること
  5. その法人等内部の契約や就業規則等に別段の規定がないこと

 

※法人等とは社団、財団等も含まれます

 

いわゆる職務著作であり,法人その他使用者(法人等)の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を除く)で,その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は,その作成の時における契約,勤務規則その他に別段の定めがない限り,その法人等となります

著作権法 15条1項

 

ポイント

個人と法人は著作権の保護期間が異なる。

個人は死後50年(無名・変名は公表後50年)、法人・団体は公表後50年。※映画は70年

会社から個人に依頼した場合は前者、会社の中で作ったものは後者になります。

著作権は権利の束

著作権は権利の束

著作権は権利の束です。

譲渡する際は戦略的に考えましょう

〇〇権は譲渡するが、〇〇権はしないなど具体的に契約を結ぶのがおすすめです

著作者人格権

公表権

未発表の著作物を発表するタイミング・発表するメディアなどを著作者が自由に決定できる権利

指名表示権

著作者が著作物を発表する際に実名を使うか変名を使うかを自由に選択できる権利

同一性保持権

著作物のタイトルや内容を勝手に変えられることを防ぐ為の権利

著作者財産権

複製権

著作物のコピーを作る権利。CD、DVDにして発売する際の複製作業を示す

上演権・演奏権

演劇や音楽の著作物を公共の場で上演・演奏する為の権利。上映権も含まれる

公衆送信権

著作物をラジオ・テレビなどの電波やインターネットで不特定多数の公衆に送信するための権利

口述権

文学作品などの言語の著作物を公共の場で口述するための権利

頒布権

「映画の著作物」と見なされる著作物を複製して頒布する為の権利

展示権

美術品などの著作物を公共の場で公開展示する為の権利

譲渡権

著作物そのもの、または複製品を譲渡して公に広める為の権利

貸与権

著作物そのもの、または複製品を貸与して公に広める為の権利

翻訳権・翻案権

著作物を他言語に翻訳したり、映画化・テレビ化・ゲーム化などの翻案を行ったりする為の権利

まとめ

いかがでしたか?

著作権についてなんとなく分かりましたか?

勉強会に参加するまでは何が分からなくて何を理解すればいいのか不明な状態でしたが、ここを抑えておけばいいというポイントが分かりました。

 

法律関係は自分で判断することは不安で、最終的には弁護士さんに相談している状況ですが、、、。

契約の際などに「おかしいかも?」と気づくことは大事なのかなと思います。

 

  • 著作者に対して法律によって与えられる権利のこと
  • 著作権は権利の束で複数ある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です