マッシュメモとは >

デザイナー必見!フリーランスが払わなければならない税金や保険は6個ある

デザイナー必見!! フリーランスが払わなければならない 税金と保険は6個ある

 

マッシュ

こんにちは!税金関係は苦手な@mush_designer です。

 

この記事はこんな人におすすめ!
  • フリーランスなりたての人
  • フリーランスが払わなければいけない税金や保険が知りたい人
  • デザイナーの個人事業税率が知りたい人
  • デザイナー向け国民健康保険組合を知りたい人

 

フリーランスが支払う税金や保険は6個あります。

今回は、それぞれの金額や計算方法、納付方法・期限まで、詳細に書いてみました。

 

そして、デザイナーとゆうこともあり、デザイナーの個人事業税デザイナーにオススメの国民健康保険組合も紹介しています!

(もともと税金関係は旦那に任せるタイプだったので、この記事を書くのに4日の時間を費やしました( ; _ ; ) /~~~)

それでは、わたしの汗と涙の結晶をご覧ください。

所得税

所得税

所得税は、年間の稼いだ金額に応じて、かかる税金です。

1年間の所得合計が38万円以上から必要になります。

課税される所得金額の計算方法

数字の苦手な方は嫌になってしまうと思うので、必要なところだけ、読んでくださいm(._.)m

まず、課税される所得金額の計算方法はこちら。

収入 − 必要経費 − 各種控除=課税される所得金額

収入:500万、経費:100万、基礎控除:38万、青色申告特別控除:65万、その他控除:7万だったとして考えると

※その他控除には配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、、生命保険料控除、地震保険料控除などがあり、人によって違います。

500万(収入)ー100万(経費)ー38万(基礎控除)ー65万(青色申告特別控除)ー7万(その他控除)=290万

課税される所得金額290万円

この金額はこの後も使うので、覚えていてください。

所得税の計算方法

次に所得税の計算方法です。

課税される所得金額×税率ー控除額=所得税額

税率は課税される所得金額によって変わることも覚えていてください。

こちらが一覧です。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

参考:国税庁ホームページ

実際に、課税される所得金額が290万円だったとして、計算してみます。

表では赤字のところを見てくださいね!

290万(課税される所得金額)×0.1(税率)ー9万7千5百円(控除額)=192,500円

所得税は192,500円

2037年までは、復興特別所得税がかかる

さらに、2037年までは、2.1%の復興特別所得税がかかります。

こちらは国税庁ホームページに掲載してあるものです。

復興支援増税

ようするに、所得税率が10%の場合→10.21%になります。

上記の計算をやり直してみます。

290万(課税される所得金額)×0.1021(税率ー9万7千5百円(控除額)=198,590円

改めまして、所得税は198,590円

課税される所得税が290万の場合、所得税は約20万円とゆうことですね!

結構な金額をもっていかれるのだなと思いました。

数字が苦手な方にオススメ!自動計算ツール

表や計算方法を紹介しましたが、苦手な方にオススメなのが所得税計算ツール

こちらのサイトが分かりやすかったです。

課税される所得金額を入力の点と復興支援増税については対応していないので、注意してください。

 

参考 税金フォーム所得税税金フォーム

 

納付の流れ

所得税は納付通知書が自宅に届かず、自分から納付します。

  • 2/16~3/15日:確定申告をし、所得税を出す
  • 2/16~3/15日:納付

納付方法

  • 現金で納付→現金に納付書を添えて、金融機関(日本銀行歳入代理店)又は住所地等の所轄の税務署の納税窓口で納付※納付金額が30万以下ならコンビニでも可
  • e-Taxで納付
  • 銀行口座から振替税→口座振替依頼書を提出する※4月中旬に振替日が設定される

納付期限

3月15日3月15日が土日の場合は、次の月曜日

住民税

住民税

住民税とは自分の住むの地方自治体に納めるお金です。

住民税の確定申告は所得合計33万円以上から必要になります。

※扶養の場合は控除されます。

課税は一律10%

平成19年から住民税は一律10%に統一されています。

※自治体の法令によっては増税や減税をすることもできる

300万稼いだら、30万の税金がかかることになりますね。

納付の流れ

  • 2/16~3/15日:確定申告→確定申告書の住民税に関する欄に必要事項を記入して提出
  • 4月〜5月:税務署から必要事項が市区町村役場へ送付。市区町村役場から個人宛に納税通知書と納付書が送られてくる
  • 6月〜翌年5月:住民税納付

納付方法

  • 納付書→銀行や郵便局、コンビニ、Pay-easy(※対応している場合)
一括納付、または年4回に分けて納付。

納付期限

  • 一括:6月末
  • 第1期:6月末
  • 第2期:8月末
  • 第3期:10月末
  • 第4期:11月末

個人事業税

個人事業税

個人事業税とは事務所・事業所のある、都道府県に納める税金です。

フリーランスも、ある程度稼ぎが増えてくれば、所得税や住民税以外に個人事業税というものが課せられます。

個人事業税は、会社組織で言う法人税みたいなもので、所得金額が290万円以上から必要になります。

個人事業税の計算方法

個人事業税の計算方法はこちら。

所得金額-(290万円×【業種ごとの税率】)=個人事業税

ちなみにデザイナー業は5%です。

例えば、500万の所得金額として

500万(所得金額)-(290万円×0.05(業種ごとの税率))=10万5千円

個人事業税は10万5千円ゆうことになります。

納付の流れ

  • 2/16~3/15日:確定申告
  • 8月:税務署から必要事項が市区町村役場へ送付。市区町村役場から個人宛に納税通知書と納付書が送られてくる。→第一期分(8月分)と第二期分(11月分)が入っている

納付方法

  • 納付書→銀行や郵便局
  • コンビニ※30万以内
  • 口座振り込み※事前申請が必要
8月と11月の2回に分けて納付する形になります。

納付期限

  • 第1期:8月末
  • 第2期:11月末

消費税

消費税

消費税は物やサービスを消費したときに、かかるお金です。

消費税は、下記の場合に発生します。

  • 2年前の課税売上高が1,000万円を超えたとき
  • 1年前の1月1日から6月末までの課税売上高または給料支払い額が1,000万円を超えたとき

 

例外はありますが、フリーランスになってから2年は1,000万円を超えても、納税の義務はないとゆうことですね。

これは国税庁の法律で前々年の課税売上高と決められているからです。

 

基準期間における課税売上高とは、個人事業者の場合は原則として前々年の課税売上高のことをいい

国税庁HP参照

 

消費税の計算方法

消費税の計算方法はこちら。

お客さまから頂いた消費税ー自分が払った消費税=納付する消費税

消費税の計算は消費税がかかるものと、かからないものがあり、複雑です。

専門家の方に相談することをオススメします。

納付の流れ

所得税は納付通知書が自宅に届かず、自分から納付します

  • 2/16~3/15日:確定申告をし、消費税を出す
  • 2/16~3/31日:納付

納付方法

  • 現金で納付→現金に納付書を添えて、金融機関(日本銀行歳入代理店)又は住所地等の所轄の税務署の納税窓口で納付※納付金額が30万以下ならコンビニでも可
  • e-Taxで納付
  • 銀行口座から振替税→口座振替依頼書を提出する※4月中旬〜下旬に振替日が設定される

納付期限

  • 3月31日→3月31日が土日の場合は、次の月曜日

国民健康保険

国民健康保険

国民健康保険とは生活を守るための保険制度のことです。

すべての人が加入する必要があります。

会社員をやめ、フリーランスとして活動する際には、国民健康保険に新しく加入しましょう

※扶養の場合は控除。

国民健康保険には国民健康保険国民健康保険組合があります。

国民健康保険

国民健康保険は各市町村で手続きをします。

保険料は市町村や前年度の所得によって変わります

また、納税通知書がくる時期(※6月ぐらいが多い)や納付方法も各市町村で違うので、合わせて確認してください。

国民健康保険組合

職種によりますが、国民健康保険組合に加入することも可能。

例えば、フリーのデザイナーやイラストレーターは文芸美術国民健康保険組合に加入できます。

文芸美術国民健康組合の大きな特徴は収入に関わらず、保険料が一律の点。

月額19,600円です。(平成29年度)

 

加入するには文芸美術国民健康組合の加盟団体に入会する必要があります。

デザイナーでしたら、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)や「協同組合日本イラストレーション協会(JILLA)」になるかと思います。

加盟団体一覧はこちら

 

参考 加盟団体一覧文芸美術国民健康組合

 

加盟団体入会する際の注意点は、下記3点に注意してください。

  • 入会条件
  • 入会金
  • 年間費

 

保険料+会費を計算して、国民健康保険と文芸美術国民健康組合、どちらの方が安く済むか確認しましょう

ちなみに、、、

所得が300万以上なら、文芸美術国民健康組合の方が安いと言われているので、参考にしてください。

国民年金保険

国民年金保険

国民年金は国民年金は老後・障害・死亡のリスクに備えた制度です。

20歳~60歳の人のすべての人が加入する必要があります。

ちなみに月額は16,490円です。(平成29年度)

※扶養の場合は控除。

納付の流れ

  • 市役所に申請→年金手帳または基礎年金番号通知書を持って、退職日の翌日から14日以内に行います
  • 日本年金機構から納付書が送られてくる

納付方法

  • 口座振替
  • 納付書→コンビニや銀行、Pay-easy(ペイジー)で支払い
  • クレジットカード

国民年金は前払いするとおトクです。詳しくは日本年金機構のHPをご覧ください。

納付期限

納付対象月の翌月末日。

年金の支払日 支払対象月
2月 12月、1月の2か月分
4月 2月、3月の2か月分
6月 4月、5月の2か月分
8月 6月、7月の2か月分
10月 8月、9月の2か月分
12月 10月、11月の2か月分

参考:日本年金機構

納付期限までに保険料を納めないと障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できない場合がありますので、忘れずに!

 

まとめ

いかがでしたか?

所得税の計算方法など、難しい部分もありましたよね。

でも、知っていることで、お金の流れが分かったりトラブル防止にもつながります。

わたしは主婦なので、どのくらいの収入目標にしようか指標にもなりました

それでは、まとめです。

 

  • フリーランスが払わなければならない税金は所得税・住民税・個人事業税・消費税・国民健康保険料・国民年金保険料
  • デザイナーの個人事業税率は5%
  • デザイナー向け国民健康保険組合は文芸美術国民健康保険組合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です