マッシュメモとは >

【はじめての確定申告】 何からはじめればいい!?何が必要!? 初心者でもわかりやすく解説【クリエイターフリーランス向け】【勘定科目付】

はじめての確定申告 何からはじめればいい!?何が必要!? 初心者でもわかりやすく解説

 

マッシュ

こんにちは!はじめての確定申告は分からないことだらけだった@mush_designer です。

 

この記事はこんな人におすすめ!
  • はじめて確定申告をする人
  • 確定申告が必要なのか分からない人
  • クリエイターが使う項目を知りたい人
  • 確定申告の流れが知りたい人

 

もうすぐ確定申告ですね。

はじめて確定申告をするときは何からはじめていいか何が必要なのか分かりません。

しかも、難しい法律やはじめて聞く言葉の数々。

そんな方のために法律をわかりやすい言葉に変えてまとめました。

 

クリエイター目線で書いてます!それでは頭をフル回転させて、ご覧ください。

確定申告ってなに?

確定申告ってなに

そもそも確定申告ってなに?ですよね。

会社員のときは会社が行ってくれるので、フリーランスになった瞬間、密接に関わることになります。

 

確定申告は簡単にいうと

  • どれくらいの収入があるのか
  • どのくらいの経費(仕事をするのに必要な費用)があるのか
  • どのくらいの利益が出たのか
  • どのくらい税金を払ったのか

税務署に報告することです。

確定申告が必要な人と金額

フリーランスなりたては稼ぐことが難しい。

まずは自分が確定申告が必要なのかを確認します。

 

フリーランスでも専業でされてる方副業でされてる方がいるかと思います。

それぞれの所得金額によって確定申告が必要か・必要じゃないかが決まります。

 

MEMO
所得金額とは売り上げから経費を引いた金額

 

専業フリーランスは所得38万以上

専業フリーランス

専業フリーランス所得が38万円以上あった場合は申告が必要になります。

 

MEMO
38万ぴったりなら、申告の必要なし。1円でも超えると申告が必要

 

なぜ、38万円なのか

まず、納税すると基礎控除が受けられます。

基礎控除とは、全ての納税者が無条件に差し引ける所得控除です。

その基礎控除の金額が38万円

つまり、所得金額が38万以下の場合、課税所得金額は0になるので、所得税を納める必要がありません。

 

計算方法はこちら。

収入ー経費=所得金額
所得金額ー基礎控除(38万)=課税される所得金額

収入が40万円、経費が10万だったとして考えると

40万(収入)ー10万(経費)=30万(所得)
30万(所得)ー38(基礎控除)=ー8万

マイナス8万円になので、確定申告の必要はなくなります。

 

余談になりますが、基礎控除には医療費控除や扶養控除もあるので、該当する人は注意してくださいね。

 

基礎控除一覧

基礎控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除、雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寄附金控除

国税庁HPより

 

副業フリーランスは所得が20万以上

副業フリーランス

副業フリーランスでは所得が20万以上あった場合は申告が必要になります。

 

MEMO
20万ぴったりなら、申告の必要なし。1円でも超えると申告が必要

 

ちなみに、こんな副業があります。

  • デザイン、イラスト制作
  • プログラミング料
  • 原稿料
  • ブログの広告収入
  • アフェリエイト収入

 

これらは所得の中でも雑所得に分類されます。

 

所得税では、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得の10種類の所得があります

 国税庁HPより

 

なぜ、20万円なのか

これは所得税法でこのように定められているからです。

 

1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

国税庁HPより

 

難しく考えずに、法律で決められているからって思ってください。

そして、注意することが2点あります。

注意① 所得が20万以下でも申告が必要な場合がある

20万以下でも申告が必要な場合があります。

 

2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

国税庁HPより

 

つまり、業の他にアルバイトをしていて、給料所得を2箇所からもらっている状態の人

年末調整を行う会社は1箇所の会社のみと決められているので、確定申告が必要になります。

詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。

 

注意② 所得が20万以下でも住民税の申告が必要

所得が20万以下なら確定申告の必要なない。

しかし、これは所得税の話であり、住民税は別です。

なぜ、こんなにややこしいかとゆうと所得税は国の管轄であり、住民税は自治体の管轄だからです。

詳しくは自分の住んでいる自治体に確認してみてください。

確定申告の種類

確定申告には青色申告白色申告があります。

次の記事にまとめましたので自分がどちらの申告がいいか参考にしてください。

はじめての確定申告 青色申告と白色申告どちらがいいの!? メリット・デメリットは何!?【はじめての確定申告】青色申告と白色申告どちらがいいの!? メリット・デメリットは何!?

確定申告の流れ

確定申告の流れ

続いて、確定申告の流れです。4つの項目に分け、まとめてみました。

① 領収書やレシートを保管する

領収書やレシートを保管していきます。月ごとにファイルにまとめてもいいし、ノートに貼って管理をするといいかと思います。

念のため、何の領収書なのかを裏に書いておきます。これは万が一税務署から調査があった時に対応するためです。

レシートでも大丈夫なの?

必要項目を満たしていればOK!

このことに関する消費税法はこちら

 

仕入税額控除の適用を受けるためには、課税仕入れ等の事実を記載した帳簿と、請求書等の両方の保存が必要です(消費税法第30条第7項)。このうち、課税仕入れ等の事実を記載した帳簿とは、具体的には、次の事項を記載した帳簿をいいます(消費税法第30条第8項)

 

要するに

  1. 誰から(お店などの名前)
  2. いつ(年月日)
  3. 何を(内容)
  4. いくらで(金額)

が記載されていれば大丈夫とゆうことになります。

② 帳簿をつける

次に帳簿をつけていきます。私は月末に会計ソフトfreeeに入力していく予定です。

 

クリエイターが覚えておくべき項目は?

帳簿をつけるといっても、何を何の項目でつけていいかわかりませんでした。

わたしが使用しているものをpdfにまとめたのでよかったら参考にしてください。

 

クリエイター向け勘定科目

 

 

勘定科目については明確なルールはなく、自分で決めます。ただ、使用する科目は後から振り返った時に分からなくなってしまうため頻繁に変えない方がいいそうです。

 

 補足 : 知っておいて欲しいこと

フリーランスが支払う税金は?
デザイナー必見!! フリーランスが払わなければならない 税金と保険は6個あるデザイナー必見!フリーランスが払わなければならない税金や保険は6個ある

 

③ 確定申告の書類の作成

帳簿をもとに確定申告の書類を制作していきます。

帳簿の他に

  • マイナンバー
  • 社会保険関係書類
  • 生命保険関係書類

などの書類が必要でした。

私は会計ソフトfreeeの有料プランを利用し、作成。

④ 税務署に申告

書類が完成したら、税務署に申告。

e-Taxとゆう電子申告を利用してる方もいます。

 

いつまでに確定申告するの?

2月16日~3月15日の確定申告期間内に税務署へ提出します。

ギリギリになると混むので、早めの申告がおすすめです

まとめ

いかがでしたか?

分からないところがあったら、税務署で相談してみてくださいね。

無料で相談できますよ。

 

それでは、まとめです。

  • 確定申告とは収入・経費・利益・税金を税務署に申告すること
  • 確定申告が必要なのは専業フリーランスは所得38万円以上。副業では所得20万以上
  • クリエイターが使う項目を知っておくと、スムーズに帳簿がつけられる
  • 確定申告の流れは①領収書・レシートの保管②帳簿をつける③書類の作成④申告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です