マッシュメモについて

業務委託とは?!どのような種類があるの?必要な手続きはなに?

業務委託とは?!どのような種類があるの?必要な手続きはなに?簡単にまとめました

 

マッシュ

こんにちは!フリーランスWEBデザイナーの@mush_designer です。

 

働き方が多様化しフリーランスとして働く人が増えてきてきます。

フリーランスの働き方の1つに業務委託がありますが、「業務委託」って何となくはわかっていても、

“細かいとろまでを理解しているか?”と聞かれると、「?」ってなりますよね。

 

今回のブログでは私が学んだことのなかから、

業務委託がどのような契約で、どのような種類があり、必要な手続きは何かをまとめてみました。

それではご覧下さい。

 

この記事はこんな人におすすめ!
  • フリーランスに興味がある人
  • フリーランスの人
  • 業務委託について知りたい人

業務委託とは

会社が雇用契約を結ばずに企業や個人事業主などの外部に業務を委託すること

業務委託とは法律上存在する言葉ではなく、民法で定められている「請負契約」と「委任・準委任契約」の総称です。

業務委託の種類

請負契約

成果物を完成させることで報酬を受け取ることができる契約です。特徴は、完成した成果物でのみ判断されるため、仕事の仕方や時間などについての指示は出せません。

請負契約の例

デザイナー、システムエンジニア

ex.「デザイナーがパッケージデザインを納期までに納品する」

委任・準委任契約

契約期間中に決められた業務を行うことで報酬を受け取る契約です。特徴は、成果物がなくても対価が発生します。

委任契約と準委任契約の違いは法律行為かそれ以外かです。

委任契約の例

弁護士、税理士

ex.「弁護士に訴訟代理人を依頼する」

 

準委任契約の例

研修、コンサル、システム保守・運営

ex.「新人研修の外部講師として研修を行う」

必要な手続きは?

個人で業務委託の仕事を請け負う場合、個人事業主として「開業届」を出し、確定申告を行う必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

業務委託については、内容を正しく理解した上で、お取引先さまと契約を結ぶ必要があります。

 

それではまとめです。

  • 業務委託とは会社が雇用契約を結ばずに企業や個人事業主などの外部に業務を委託すること
  • 業務委託には請負契約と委任・準委任契約がある
  • 個人で業務委託のお仕事を請け負う場合開業届を出す必要がある

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です